ロボット開発の取り組み

自社の技術力でロボットの未来を切り拓いていきます!

さがみロボット産業特区でもある相模原市に弊社はあります。自社の技術力を、もっと社会の未来に生かせないか…そんな思いから、ロボット技術の開発に取り組み始めました。相模原市ロボット導入モニター調査事業を活用した産業用ロボットのNUI遠隔操作システムの研究開発から始まり、現在は、従来の産業用ロボットよりも一歩進んだ活用方法として、インピーダンス制御を取り入れた人的作業の自動化ソリューションの研究開発に、社員で作業を分担しながら日々取り組んでいます!

代表のことば

近年、様々な会社がロボット開発に力を入れており、ロボット産業が著しく成長しています。今後、ますます発展が予想されるロボットの未来に期待し、協力していきたいという思いから、弊社も数年前からロボットの研究開発に取り組むこととなりました。現在では、自社が培ってきた大規模ソフトウェア開発技術を核に、ハードウェア制御技術、3次元データ処理技術に、インピーダンス制御技術などを取り入れて、産業用ロボットを活用した人的作業の自動化分野を中心へと取り組みが進んでいます。また、研究機関と積極的な連携も行うことで、今年からRTK測位を活用した屋外型自動走行ロボットの研究にも着手を始めました。

年々活用の幅が広がっているロボット技術は、従来のハードウェア中心の世界から、ソフトウェア主導のシステム開発へと変革しつつあります。今後は、システム開発会社だからこそ可能なロボットテクノロジーの関連分野に積極的に取り組むことで、メディア技術とロボット技術の融合という新しい分野へと邁進していきます。社員一同で作業を分担し1つの開発に取り組むことで、社内での意見交換も積極的に行われ活気付いてきていると感じます。まずは、このような弊社のロボットに関する取り組みを知っていただければ幸いです。

2019年9月24日 株式会社メディアロボテック代表 金沢 勇

ロボット関連システムの開発事例

自動走行ブラシ掛けロボット

事前にティーチングした経路に合わせて、自動走行しながらブラシ掛けをするロボットです。Kinectを使った障害物検知と床・壁の認識により、自動で障害物を避け、壁との距離により自己位置補正を行うRTMを使用して開発しました。

自動走行ブラシ掛けロボット

Human Support Robot実証実験

介護施設におけるHSR(トヨタ自動車製Human Support Robot)の利用に関して実証実験するため、ROSを使用して来訪者の見送りをするアプリケーションを開発しました。

HSRについて
トヨタ自動車製Human Support Robotの実証実験

3次元入出力力覚デバイスによるロボットアームの遠隔操作

3次元入出力力覚デバイスを使って、リアルタイムにロボットアームを制御します。はんだ付けをする作業を例に実証試験により、0.1mm程度の精度で思ったように操作可能であることを検証しました。

はんだ付けロボットについて
3次元入出力力覚デバイスによるロボットアームの遠隔操作

力制御ロボット(KUKA iiwa)によるメモリ交換システム

PCのマザーボードへのメモリの交換作業を、インピーダンス制御を使用して実行します。~1mm程度の取り付け位置の誤差があっても、インピーダンス制御により自動で位置合わせを行って交換可能です。

技術解説PDFはこちらから【別ウィンドウ】
「さがみはらロボット導入支援センター」展示中【別ウィンドウ】
力制御ロボット(KUKA iiwa)によるメモリ交換システム

エアマイクロ自動内径測定システム

ロボットアームを使用してエアマイクロ内径測定器の自動測定を可能としたシステムです。(メカトロテックジャパン2019・2019国際ロボット展に出展)

弊社ではエンドエフェクターとコントロールソフトウェアをセットで開発いたしますので、お手持ちのロボットアームに合わせて手軽に検品自動化が導入できます。販売開始予定:2020年春頃、販売元:髙津伝動精機株式会社 エアマイクロ事業グループ

エアマイクロ自動内径測定システム

RTK測位を活用した屋外型自動走行ロボット

RTK測位を活用して±2㎝以内の高精度で自動走行を行うための屋外型ロボットです。首都大学東京久保田研究室と共同研究中。(さがみはらロボット大学校・2019国際ロボット展に出展)

屋外の自動巡回向けシステム開発などを目的とした、自動走行ロボットベースの販売を行います。弊社より2020年内にサンプル出荷をする予定です。

技術解説PDFはこちらから【別ウィンドウ】
RTK測位を活用した屋外型自動走行ロボット

弊社の取り組みにご興味ございましたら、ぜひお問い合わせください!